radioc@?

レディオキャットハテナ

【読書メモ】アナロジー思考

アナロジー思考

アナロジー思考

2011年に出版された、アナロジー思考の理論と具体的な活用方法が紹介されている書籍です。著者はこれ以外にも思考法に関する書籍を多数出版されています。このアナロジー思考の理論がベースとなっている別の書籍もいくつかあるようです。

アナロジー思考とは

発想力には2つの要素があるとしています。

  • 多様な経験や知識を持っていること
  • それらをいま発想の対象としているものに結びつけること

アナロジーが貢献する領域は後者です。過去の知識や経験を新たな発想に活かすアナロジー思考の重要性について、藤子・F・不二雄氏の「いただきのすすめ」を引用して説明しています。

この世の中、ほんとうに新しいまったく無から作り出す創作というものはなく、過去の作品からなんらかの影響をうけずにいられないのではないか、という思いがしてきます

maedamusashi.com

推論には大きく以下の3つの種類があります。

アナロジー思考はアブダクションに相当する思考法であるとしています。

ferret-plus.com

アナロジー思考の活用方法

アナロジー思考は4つのステップで構成されます。

  1. ターゲット課題の設定
  2. ベース領域の選択
  3. ベースからターゲットへのマッピング
  4. 評価・検証

構造的類似

ベースからターゲットへマッピングするために2つの共通点(類似)に着目します。類似には「表面的類似」と「構造的類似」がありますが、アナロジー思考は構造的類似に着目します。

共通点を見出す上での注意事項

  1. 共通点が、ターゲット領域での目的に合致したものであること
  2. 共通点が適切な抽象レベルに(高すぎず低すぎず)あること
  3. 共通点と同時に、目的とするターゲット領域での利用方法に関連する相違点も併せて考慮すること

例えば「猫好きの人」に売れる新商品のアイデアを考える時に、「哺乳類である」というように抽象化レベルを高めすぎると人間も当てはまってしまい目的にはそぐわなくなります。また、犬をベース領域にした場合、容姿や習性などの猫好きの人からすると無視できない相違点も多々あり、合わせて考慮する必要があります。

遠くから借りてくる

著者はベース領域を選択してマッピングすることを「借りてくる」と表現しています。また、ターゲット課題に対して因果関係が薄そうなベース領域のことを「遠くのもの」とも表現しています。借りてくるためには、要素を単純化して構造的類似を見つけますが、その際になるべく遠くから借りてくることが良いアイデアを生むとしています。

「遠くから借りてくる」のは「近くから借りてくる」のに比べて、抽象化した本質的な共通点を抽出する点で難易度は高くなるが、その分応用範囲も広くなると同時にアイデアも斬新なものになるという特徴がある

抽象化思考

抽象化が得意な人には以下のような思考パターンがあるとしています。

  • 図解してシンプルに表現する
  • 極論し、二項対立で考える
    • 極論とは、枝葉を切り捨ててある一点の特徴だけを切り出して議論することであり、これも抽象化思考である
  • 「格言好き」である
  • たとえ話が的確である
  • 似顔絵やあだ名をつけるのがうまい
  • 「美しさ」にこだわる
    • 抽象化するために構造的な美しさに着目する
  • 飽きっぽく話が飛ぶ(ように見える)
    • 構造レベルで同じものに早く気づいて次の話題に移る

また、抽象と具象は両輪がそろって初めて新しい発見が生まれるとしています。

抽象化思考とは、具体的な事象を抽象化し、さらにそれを再び別の形で具体化するという、「往復運動」であるので、これらの両方の言葉をうまく操れることが重要といえる

具体性がなく抽象的な話ばかりだったり、反対に具体的な話ばかりで結局何が言いたいのかわからない場合は良いアイデアには繋がりません。

アナロジーの使用上の注意

  • 「状況証拠」であって「物的証拠」ではない
  • アナロジーの拡大解釈による誤用に注意
  • 仮説を立てるのに役立つが検証したことにはならない

アナロジー思考はあくまで類推であり、答えが導かれるわけではありません。前出の抽象化レベルが高すぎる例のように使い方を誤ると間違った類推にたどり着きます。導き出されたものはあくまで仮説であり、検証するには論理的にデータを活用して裏付ける必要があります。

具体的な活用法

具体的なアナロジー思考の事例として、電力網からインターネットへのアナロジー、組織から個人へのアナロジーなどを紹介し、ビジネスへ応用できる可能性を提示しています。

新しい勝ちパターン

著者はアナロジー思考を新しい勝ちパターンと表現しています。ネット上にもアナロジー思考を解説した記事がいくつか存在し、著者自身が解説しているものもあるようです。

toyokeizai.net

mag.executive.itmedia.co.jp

www.missiondrivenbrand.jp

【勉強会メモ】スクラム道関西 オープン・ジャム

scrumdo-kansai.connpass.com

いつもどおりディスカッションを行うオープン・ジャム形式ではありますが、前回からテーマを決めて実施しているようです。今回のテーマは「ふりかえり」でした。まずは「ふりかえりファシリテーションの基礎」と題したセッションを聞いて、その後、参加者が議論したい事を付箋に書き出してOSTに入りました。

speakerdeck.com

セッションは「アジャイルレトロスペクティブズ」に出てくるふりかえりの5つのステップに沿って、実践的な解説を織り交ぜた内容でした。

アジャイルレトロスペクティブズ 強いチームを育てる「ふりかえり」の手引き

アジャイルレトロスペクティブズ 強いチームを育てる「ふりかえり」の手引き

  1. 場を設定する
  2. データを収集する
  3. イデアを出す
  4. 何をすべきか決定する
  5. レトロスペクティブスを終了する

個人的には「データを収集する」で解説されていた以下の言葉がとても大切なことだと思います。

事実を元に感情にフォーカスする

事実を元にできずに感情にフォーカスしてしまう段階や、事実だけにフォーカスしてしまう段階を経てこの大切さを実感できるようになるのではないかと思います。

OSTでは以下のような議題が出ました。私が参加した議論だけ簡単にメモを残しておきます。

f:id:radiocat:20190610233320p:plain

反省点が多くて暗い時のファシリテート

  • 問題が多くても貯め込んだままにしておくのは良くないので全て吐き出してもらう
  • 問題を全部出してもらったうえで大事な事にフォーカスさせるのがファシリテート
  • 時間管理はファシリテーターの重要スキル
  • 以下のようなものを除外するのがファシリテート力
    • 本質から逸れている
    • 次のスプリントで改善できない
    • チームで解決できない
  • データを集めて早めに絞り込む
  • 一番大事な問題に早く気づく
  • 強引に時間を切って終わらせるのは大事な問題が曖昧になる
  • チームが自力で着地出来る範囲で誘導する
  • そのうえで時間内に終わればなお良い

ふりかえりのふりかえり

ふりかえりを振り返るためのテクニック

f:id:radiocat:20190610233338p:plain

社内システムでアジャイルするためにユーザー部門の協力を得る

  • アジャイルにしたい目的を明確にする
  • どんなプロセスでも何を作るかを誰かが決める必要がある
  • ユーザー部門からフィードバックをえる
    • 決めるために業務を知る
    • ヘルプデスクに入ってみる
    • 不完全なものを提示してフィードバックをもらう
  • ユーザー部門の要望をバックログ化する
    • 重要なものに並び替えて順番に実現する
    • 見えるところにおく
    • 重要かどうか判断できなければ順番は下がる
    • 何を作るかを決めたりフィードバックがないとバックログの上位にならないことを説明し理解してもらう

【読書メモ】嫌われる勇気

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

図書館で100人以上の待ち行列に予約して1年以上経過してすっかり忘れてしまっていた本ですがせっかく読んだのでメモを残しておきます。

表紙に副題として書いてある通りアドラー心理学に関する本です。青年と哲人という2人の対話形式で哲人がアドラー心理学を解説していくストーリーになっており、アドラー心理学を学ぶ書籍としてはとてもわかりやすい内容だと思います。

ja.wikipedia.org

ちなみに書籍に関して読後に調べて知りましたがTVドラマにもなっているようです(TVドラマはあまり見ない…)。

note.mu

著者の1人である岸見氏はアドラー心理学の第一人者として様々な記事が公開されています。

kishimi.com

shuchi.php.co.jp

courrier.jp

アドラー心理学の考え方

この本で述べられているアドラー心理学の内容についてざっくりまとめると以下のようになります。

  • 目的論
    • 過去の「原因」ではなく、いまの「目的」を考える
    • 自分の経験によって決定されるのではなく、経験に与える意味によって自らを決定する
  • すべての悩みは、対人関係の悩みである
  • 自由とは、他者から嫌われることである
    • 他者の評価を気にかけず、他者から嫌われることを恐れず、承認されないかもしれないというコストを支払わないかぎり、自分の生き方を貫くことはできない

共同体感覚

  • 所属感
    • 生まれながらに与えられるものではなく、自らの手で獲得していくもの
  • 勇気づけ
    • 横の関係に基づく援助
  • 人は「わたしは共同体にとって有益なのだ」と思えたときにこそ、自らの価値を実感できる
  • 自己への執着を他者への関心に切り替え、共同体感覚を持てるようになること
  • 必要な3つの要素が円環構造で成り立つ
    • 自己受容
      • ありのままの自分を受け入れる
      • 肯定的なあきらめ⇒「変えられるもの」と「変えられないもの」を見極める
    • 他者信頼
      • 人々は自分の仲間だと思う
      • 裏切りを怖れない
    • 他者貢献
      • 貢献感⇒目に見える貢献でなくてもかまわない
      • わたしは誰かの役に立っていると実感する
      • 幸福とは、貢献感である

エネルゲイア

ja.wikipedia.org

エネルゲイア的とは現実活動態的と訳されています。アドラー心理学の考え方である今現在のありのままを受け入れることを指しています。そのため、人生とは過去の連続である「線」ではなく、「連続する刹那」であると表現しています。

  • 人生とは、いまこの瞬間をくるくるとダンスするように生きる、連続する刹那なのです
  • 目的地は存在しない

「他者に貢献するのだ」という導きの星さえ見失わなければ、迷うことはないし、なにをしてもいい

人生の目的を設定しないかわりに「他者貢献」を指針として今その瞬間に注力する刹那的な生き方によって「自己受容」「他者信頼」「他者貢献」の3つの円環構造を維持し、幸福になることができるということです。

ワーカーホリック

個人的には以下の部分にぐぬぬとなりました。

ワーカーホリックの方々は、人生の特定の側面だけに注目しています。おそらく彼らは「仕事が忙しいから家庭を顧みる余裕がない」と弁明するでしょう。しかし、これは人生の嘘です。仕事を口実に、他の責任を回避しようとしているにすぎません。本来は家事にも、子育てにも、あるいは友人との交友や趣味にも、すべてに関心を寄せるべきであって、どこかが突出した生き方などアドラーは認めません。

【読書メモ】「経験学習」ケーススタディ

「経験学習」ケーススタディ

「経験学習」ケーススタディ

本書は「経験学習」入門の続編で、前書の「経験学習」に関する理論を踏まえて実践的事例をまとめた書籍です。著者が実際に関わって企業へ経験学習の理論を取り入れた事例として、著者の解説とともに企業ごとの取り組みが紹介されています。これらの事例を理解するためにはまずは前書を読むのが良いと思います。前書のメモはこちらです。

radiocat.hatenablog.com

書籍の中で紹介されている企業の事例には、著者自身が論文としてまとめて公開しているものもあります。それらと合わせて書籍で紹介されている企業の取り組み事例の一部をメモしておきます。

ヤフー

経験学習を促進するために、大きく5つの要素を取り入れた人事制度があります。

  • ミーティング力の強化
  • ビジョンとバリューによる方向付け
    • 4つのバリュー
      • 課題解決
      • 爆速
      • フォーカス
      • ワイルド
  • 評価制度によるフィードバック
    • バリューを360度で評価
    • 5段階で360度評価
  • 育成方針を話し合う場とそのためのツール
    • 人材開発会議
      • 中期的育成方針を話し合う
      • 人材開発カルテ
        • 社員一人ひとりがカルテを記入
        • 強み
        • 課題
        • 理想像
        • 理想像に向けた経験のデザイン
  • 戦略的なジョブローテーション
    • ジョブチェン
      • 自己申告型の異動制度
    • 3年任期

※参考論文

経験学習を活性化する人事制度(ヤフー)

KDDIエンジニアリング

経験学習サイクルを回す新人研修が行われている。

前書で紹介されている経験学習のツールを取り入れた週報を運用している。

※参考

diamond.jp

新人の「ストレッチ、リフレクション、エンジョインメント」を刺激する行動の特徴

  • 新人の行動をよく見て、それを伝えている
  • 新人と頻繁にコミュニケーションを取っている
  • 新人が自分で考えることを促すコメントをしている

サントリー

  • 新人1年目で「思い」と「つながり」を鍛える
    • 思い=主体性、つながり=協調性

成長実感シート

  • 主体性と協調性について3ヶ月ごとに振り返り
  • 対仕事、対人、対自己、サントリアンの基本の4カテゴリの習得度を評価する 新人育成の考え方(3段階)
  • 基本姿勢(主体性・協調性)
  • 基本スキル・知識(対仕事、対人、対自己、サントリアンの基本の4カテゴリ)
  • 担当業務において必要な基本スキル・スキル(各部で具体化)

※参考論文

成長実感シートを用いたOJT支援策(サントリーホールディングス)

トヨタテクニカルディベロップメント

「工学的な原理原則の知識」「仮説検証力」の2つの基礎力を3年間で鍛える

技術・技能伝承プログラム

  • 「工学的な原理原則の知識」を習得するプログラム
  • 部署ごとに用意される
  • 4~5年目がプログラムを担当
  • 10年以上のリーダーがチェック

現場実践プログラム

  • 「仮説検証力」を習得する
  • 新人:「すでに答えがわかっている課題」がテーマ
    • 原理原則に基づいて仮説が立てられ、自らの力で正しい検証データが得られれば合格
  • 2,3年目:「現場においてある程度答えが予想できるテーマ」
  • 4年目以降:「独自技術の創造プログラム」
  • 6~10年目:「業務上の問題を解決できる」
  • 11~20年目:「自ら課題を創造し、解決できる」
  • いずれもチームで取り組む
  • 「思い」と「つながり」をつかめる
  • 1段階上の先輩と上司が指導

※参考論文

若手社員の体系的育成プログラム : トヨタテクニカルディベロップメント社の事例

経験学習を促す6つの支援

いずれの企業の取り組みも人材育成面でいろいろと参考になりますが、著者はこれらの事例をもとに「経験学習マネジメント」のポイントとして6つの支援をあげています。

  1. 方針支援:バリュー・ビジョン、めざす人材像
  2. ジョブアサイン支援:人材育成(開発)会議、現場の改善・改革
  3. リフレクション支援:1on1ミーティング、振り返りワークショップ
  4. スキル支援:コーチング研修、指導経験の共有
  5. アセスメント支援:育成力の評価、1on1の効果測定
  6. 経営陣による支援:経営陣の率先垂範

【読書メモ】人生の扉を開く最強のマジック

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

スタンフォード大学の脳外科医で「共感と利他主義の研究教育センター(CCARE)」の創設者兼所長でもあるジェームズ・ドゥティ氏の自伝的書籍です。少年時代にマインドフルネスを教わって「なりたい自分」をイメージしながら脳外科医を目指し、それを実現します。決して順風満帆というわけではなく様々な困難や挫折を乗り越えてCCAREの設立につながっていくその半生は、映画のようにドラマチックで大きな感動がもらえました。この本はそうした物語としての面白さに加えてマインドフルネスに関する基礎知識と、脳外科医である著者ならではの脳のメカニズムの解説がうまく組み込まれて融合しています。これらの知識的要素も活用できる場面が多く有用だと感じたのでピックアップしてまとめておきます。なお、著者自身が書籍の内容を解説した記事があるので合わせて読んでおくと参考になります。

president.jp

マインドフルネス

著者が少年時代に教わった「マジック」は、以下の4つのテクニックから成り立つマインドフルネスのやり方でした。

  1. 体を緩める
  2. 頭の中の声を止める
  3. 心を開く
  4. なりたい自分を描く

著者はマインドフルネスのことを以下のように述べています。

脳と心が力を合わせるとき、誰もが驚くようなマジックが起きる

テクニックとしては過去記事にある他の書籍と同じだと思います。

radiocat.hatenablog.com

脳のメカニズム

物語の中ではマインドフルネスの土台となる脳のメカニズムについてもいくつか述べられています。

神経可塑性

可塑性(かそせい)と読みます。以下のサイトで次のように解説されています。

自己の活動や心的経験に応じて、脳が自らの構造や機能を変える性質のこと

honz.jp

著者はマインドフルネスが神経可塑性に与える影響について次のように述べています。

いまでは、神経可塑性は脳が本来備えた機能の一部だということが科学的に認められている。脳を鍛えれば集中力や注意力が増し、頭の中の声に邪魔されずに、明快で賢い判断ができるのだ。

マインドフルネスによって神経可塑性が促進されるということです。著者の言うように一般的にも広まってきているようです。

※参考 www.nippon.com

闘争・逃走反応

脳が驚異を認識したり生存への恐怖を感じたりすると、交感神経という自律神経の一部が活発に動き出してアドレナリンが放出される。また、視床下部から分泌されるホルモンが副腎を刺激して、コルチゾールが放出される。(中略)それが高じると、生き残りに必要でない身体の機能はほとんどすべて停止してしまう。(中略)実際に生き残りをかけて闘っている場合にはそのすべてが重要になるが、急性ストレス反応が長く続くと、心と身体にさまざまな負の影響が表れる。

過剰なストレス状態が続くと心身のパフォーマンスが低下してしまう。一般的にも「適度な緊張感」が良いということがよく言われますが、マインドフルネスによって心をコントロールする能力を高めて過剰な緊張状態を回避することができるということです。

※参考 diamond.jp

心拍変動

心臓は知性を持つ臓器で、脳から大きな影響を受けるだけでなく、わたしたちの脳にも、感情にも、理性にも、選択にも大きな影響を与えることが研究で示されている。脳からの支持を受け身で待つのではなく、心臓自身が考え、身体のすべての部分に信号を送り出している。

マインドフルネスのテクニックの中で呼吸を整えるものがありますが、これも脳に影響を及ぼし、心をコントロールするためのものなのです。最近の研究では呼吸法だけで自律神経をコントロールするテクニックも研究されています。

※参考 diamond.jp

心拍変動と呼ばれる心臓のリズムは、人の内面の感情の状態を反映し、自律神経系の影響を受ける。

人への感情・共感は脳ではなく心臓からくるとされています。

※参考 aishinbun.com

心のアルファベット

著者が瞑想でリラックスするために唱えているおまじないが紹介されています。これはアルファベットのCから始まる10文字「CDEFGHIJKL」で、「心を開く10カ条」とも述べられています。とても良いおまじないなので最後にそれらを記しておきたいと思います。

このアルファベットは僕自身を僕の心につなぎとめ、心を開いてくれる。このおかげで、僕は意志と目的をもって毎日を始めることができる。(中略)これは僕の意志の言葉だ。僕の心の言葉だ。

  • Compassion(共感)
  • Dignity(尊厳)
  • Equanimity(平静)
  • Forgiveness(ゆるし)
  • Gratitude(感謝)
  • Humility(謙虚さ)
  • Integrity(誠実さ)
  • Justice(正義)
  • Kindness(思いやり)
  • Love(無償の愛)