radioc@?

レディオキャットハテナ

Scrum Fest Osaka 2020で「スクラムちゃうがなと言われてもやってみぃひん」という発表をしました

弊社はスポンサーもやらせていただいていて、参加レポート的なものは会社のブログに上げると思うので、ここでは個人的な感想などを当日のテンションそのままで書き残しておこうと思います。

去年も登壇させて頂いたのですが、今年はコロナの影響で中止になるのかな?と思っていたらオンラインでやるとの連絡が来ました!

正直なところ、この状況では去年のようなイベントはできないだろうと完全に油断していたので、まさか開催されるとは思っておらず慌てて準備に着手しました。

しかも、オンラインということで大阪という地域に閉じず、全国のコミュニティーを集めて19トラックのイベントになるとのことでした。これはとんでもないことになったな・・・というのが正直な感想でした。

そこから1ヶ月ほど、このブログの更新も止めて、読書や勉強会参加の時間も削ってひたすら発表内容を考える時間が始まりました。。。

オンラインのイベントで何を得たいのだろう?

そもそもオンラインのイベントは参加した経験も少ないので、発表のしかたも、何を求められているかもよくわかりません。それに加えてコロナの状況です。

  • 発表のしかた、空気感が全然わからない
  • 社会的状況の大きな変化によって、参加者の需要も変わりそう

イベントの実施が決まった当時はまだ日本中が自粛して家で仕事をしている人が大半という状況です。この状況にどう対処していこうかとみんなが考えている状況で、オフィスで取り組んできた実践例を聞きたい人がどれだけいるんだろうか?とまず不安になりました。正直、何を求められているのか全くイメージできません。

とはいえ、無い袖は振れないわけで、タイトルや発表テーマも事前に決まっているのでやるしかありません。そんな中でひとつ思い至ったことが、自分自身がやってきたことの葛藤や苦悩など、内面の心情を発表に表現できないかということです。自粛によってひとりで考えたり想像する時間が増えたのではないかと思います。コロナ以前にやってきたことを思い出したり、コロナが落ち着いたら何をやろうかと考えたりする空気感をスライドと発表に注入できたら、オンライン越しに共感を持ってもらえるのではないかと思ったわけです。

猫をしゃべらせる実験

その後、いろいろ試行錯誤した結果、その自分の葛藤や苦悩を猫にしゃべらせるという実験を思いつきました。オンラインのイベントはラジオを聞いているような感覚になると感じていたので、スライドにボイスで合いの手を入れるような感じにしたら、おもしろそうだなという発想です。

しかし、このボイスがまた色々と大変でした。いくつかアイデアを試してみました。

Macの音声読み上げ機能

発表で使うMacがそのまま使える、ギリギリまで編集がしやすい、音声がクリアということで、これができれば一番良かったのですが、ライセンスの関係でNGでした。

自分の声をボイスチェンジャーで変換する

これもMacがそのまま使えて、編集どころか当日ライブでやれるかも?と思いましたが、スライドづくりも時間がかかるのに機材などを揃えて練習するのが大変そうということで断念。あと、自分でしゃべると自分の話し方の癖が出るので、声を変えただけで猫が喋っている感じが出せるかという不安もありました。チャレンジしたらおもしろそうですが、少し時間が必要なのでまた別の機会にしたいと思います。

ライセンスOKの音声読み上げサービス

最終的にこれを採用しました。高度なソフトを使っても良かったのですが、Webでどこからでもアクセスできるほうが直前まで資料の修正に合わせて音声を作り直すこともできるので、以下のサービスを使わせてもらいました。

note.cman.jp

音声読み上げ機能全般に言えることですが、普通にテキストを読み上げるだけだと発音が変だったり、関西弁の言葉が違和感ありまくりになるので、「ゃッてみーひんッ?」みたいな感じでカタカナとか「っ」とかを組み合わせて最低でも猫に喋らせてるっぽい話し方を再現するのが大変でした。

作成したスライドの一部を紹介しておきます。録画した本編はイベント参加者向けに一定期間公開されるようですので、参加したかたは見てみてください。

youtu.be

ちょっとした「うっ」は成長のチャンス

これは、基調講演の永瀬さんの言葉です。本当にそのとおりだなと思いました。そして、この1ヶ月間いろいろと準備に思考錯誤してきて大変だったけど、自分なりに成長できたから良かったんちゃう?と言ってもらえたような気がします。

カンファレンスは実験の発表会にしましょう

基調講演の最後は上記の言葉で締めくくられました。本当にいろいろと実験できてよかったです。イベント全体が実験に満ち溢れていました。参加者全員がDiscordのメインホールに集まったときは、ものすごい勢いで流れるチャットのテキスト量に圧倒されました。大規模なオンラインイベントってこういうものなんだな、という学びが得られました。

Scrum Fest Osakaは本当に素晴らしいイベントでした。コロナに負けない!という勇気ももらえた気がします。機会を与えて頂きありがとうございました。
来年はどういう形になるかわかりませんが、また参加したいです。

www.scrumosaka.org

【勉強会メモ】EM Talk「Withコロナ時代を生き抜くエンジニア組織について語る」

mercari.connpass.com

  • 日時:2020/05/18(月) 19:00 〜 20:30
  • 場所:オンライン

各社のエンジニア部門のトップの方々がコロナによって変わった状況について、マネジメントの視点で語られました。事前アンケートの結果を確認したうえでパネルディスカッション、参加者からの質問への回答という流れで進められました。アンケートの結果は私の周囲から聞こえてくる内容ともほぼ同じであることを確認できて安心できたというか、改めて納得しました。パネルディスカッション以降の話はEMの現場が今後どうなっていくのかを考えさせられる内容が多く参考になりました。個人的には状況が戻ればけっこう元の状態に戻っていく事も多いのではないかと感じていますが、それでも変わること変わらないことがあると思うので、業界をリードする方々のこういった議論はとても参考になりました。

アンケート結果

事前アンケートの結果

  • リモートワークになって良かった点
    • 可処分時間の増加
  • 問題点
    • 家族がいる環境での仕事
    • 運動不足

メルカリの社内アンケート結果

  • 自身のパフォーマンス
    • ほとんど変わらないが多数
  • チームのパフォーマンス
    • 変わらないが多数
  • リモートワークになって良かった点
    • 通勤時間の削減
    • 家族のコミュニケーション増加
  • 難しい点
    • 簡易なコミュニケーション
    • オンオフの切り替え
    • オンボーディング
    • メンタル面での不調

パネルディスカッション

※会社ごとにどうしているかという話がありましたが、オンラインで聞いていると途中でどの会社の話なのか見失ってしまうことが何度かあったので、ここでは会社ごとにどうしているかというまとめ方はやめておきます。

もともとオフィス外での勤務を許可する制度はあったか?

  • フェイス・トゥ・フェイスのやりとりを重視していて積極的ではなかった企業
  • 去年あたりからそろそろやるべきかという議論があった企業
    • 中期的にはそろそろやるべき(メリットが逆転しそう)
    • 1月からテスト開始
    • 1チーム2チームから徐々に増やした
      • 週2,3日から
      • チームとしてどれも行けるのが強い
    • 一部のチームは始めていた
    • 始めたチームからルールを作って全社展開

いつから始めた?いつまでの予定?

  • 2月〜3月から徐々に、3月末に全社的に
  • 最近米国で起業したケース
    • 西海岸と東海岸、オンラインがあたりまえ
    • コロナが落ち着いたら集まる

コミュニケーションツール

  • Google Meet
  • 社外はZoom
  • RemoDiscord をお試し
  • ゲーム業界は昔から普通にDiscordを使っている
    • 繋ぎっぱなしで使う

WFHの途中経過ふりかえり:よかったこと

  • 会議が減った気がする
  • カジュアルな相談がSlackに移行
  • 移動時間がなくなったのが大きい
  • 完全にみんな同時だったからうまくいっている
    • 相手もそれが前提になっている
    • お互いの認識が強制的に揃う
    • 混在環境になったときが難しい
    • タバコ部屋問題みたいなことが起きるかもしれない
    • オフィスにいる人だけが知っている情報格差
    • 同調圧力で自分も出社しなきゃとなるかも
  • もとからリモートのケースは?
    • つらい面はある
    • なるべくドキュメントを残す
    • 2割はSlack、8割はドキュメントをちゃんと残す
    • 情報格差をなくす
    • OSSコミュニティのやり方が理想
      • ドキュメントの残し方など学ぶことが多い

WFHの途中経過ふりかえり:課題、その解決案

  • 共働きの子守
  • WFHの課題とコロナだから発生している問題がある
    • 学校が休校の問題はコロナだから
  • オンボーディング
    • ある程度開き直って頑張るしかない
    • オフラインには勝てないところはある
    • 想像がつかない中でやっていく難しさ
  • オンボーディング実践例
    • ドキュメントが既にできていた
    • 上からチェックボックスつけていく
    • オンラインというより時差の問題がある
    • まず挨拶、自分の自己紹介、トリセツをドキュメントに書き込む
      • 他の人の情報を参考にするので他の人のことも知れる
  • オフィスの設備
    • 投資の仕方も変わるかもしれない

WFH以外の取り組み

  • コアタイム撤廃
  • 光熱費や机や椅子など今の保障以上が求められそう
    • オフィスの設備をなくす分、従業員に保証する方法を考える必要がある
  • この1ヶ月で新しく知り合った人は減った
  • OSSコミュニティのような新しい形が形成されていく

After/Withコロナ(緊急事態宣言解消後)制度のアップデートはある?どんな内容?

  • リモートをなくす考えはない
  • オフィスの座席の問題
  • 会議室は大きいものより小さいものがたくさんのほうが良いかも
  • 話さないといけないこともある
    • ちょっとは出社しないといけない
  • オフィスに戻ったらどうなるではない、不可逆な状態
    • 去年の状態には戻らない
  • 周りの会社もリモートが当たり前になる
  • 組織の形も変わる
  • 全部評価できるのか?
    • 360度評価があるのでそれに近いかたち
    • エンジニアはアウトプットがあるのでわかりやすい
    • プロセスはレビューしていく

After/Withコロナ時代に今後EMに求められるスキル

  • ゴール設定して達成するのがマネジャー
  • 働き方や達成の仕方は変わる
    • 副業とかが増える
  • 状況を活かしていく方法を考える
  • 複雑さと柔軟性を理解
  • 場所、時間の縛りがなくなった組織をどうまとめていくか
  • プロダクトマネジメントからするとやりにくい
  • チームのメンバーがどういう環境だったらMAX成果を出せるか
    • いったんさらけ出して持ち寄って考える
    • 心理的安全性の担保
  • マイクロマネジメントで成果を出していた人は出しにくくなる
    • ほっといてもダメ
    • 任せるけどいつも見てるよぐらいの感じ
  • 多様性を許容する
    • 家よりもオフィスのほうがパフォーマンスが出る人もいる

当日の質問回答

リモート状況でタスクの進捗

  • あんまりビフォーとアフターで変わっていない
  • 対面でしかできない進捗の図り方をしていたことに問題があるかもしれない
  • 朝会とかあまり変わっていない(リモートになったぐらい)

人対人のトラブル解消

  • リモートでも変わらない
    • 情報量が足りない、対象性が足りないなら集める
    • どうにもならないなら距離を置く
    • リモートで対処するコストは上がる
  • リモートでも対面は可能

人との出会いが減っているという話があったが、技術やツールで新たな出会いは可能なってくる?

  • オンラインイベントをどうやって行くかをみんな考えている
  • やらなければいけないから変わっていく
  • 昔ははてなブログに書いてidコールだけで繋がっていた
  • それでもインターネット上で出会いがあった
  • できないと思っているだけかもしれない

チームを横断するような雑談

  • 常設Remo使って飲み会
  • 自然発生はしにくくなっている
  • 場を作るように働きかける
  • 雑談部屋は発言する人しない人が出る
  • 社内でゲストを呼んでラジオのようにやって聞いている人はSlackで盛り上がる
    • カジュアルなコミュニケーションのネタ振り
    • エンジニア以外も聞いてもらえるようにいろんな人をゲストに呼ぶなど工夫

相手からチャットの返信を早くもらうにはどうするか?

  • なんで早く欲しいかをちゃんと伝える
  • デットラインを切る
  • なるべく早くはなるべく頑張るになる
  • チャットの返信は速さを求めているのか?
    • チャットをすぐ返すものと思っている人と、時間がある時に返すと思っている人がいる
    • 非同期コミュニケーションが増えていくうえでルールや文化を作ってコンセンサスをとっておく

非同期コミュニケーションの重要性について認知を広げていくためには

  • 時差があったり事情がある
  • 同期コミュニケーションよりもコストが高いのは当たり前
  • 同期できるならそのほうがいい
  • みんなの時間で何をするか、自分の時間で何をするかを明確にする

【読書メモ】ファクトフルネス

昨年話題になった書籍で、世界の事実の捉え方についてデータをもとに解説していく読み物的な内容です。

世界の人口のうち、極度の貧困層の割合はここ20年で半減しているそうです。しかし著者が世界中の講演でこの事実に関するクイズを出したところ正解率は平均で7%だったようです。「これほど初歩的な世界の事実でさえ、広くは知られていない」と述べています。

本書では事実の捉え方について、間違った捉え方をしてしまう10個の落とし穴を紹介し、正しい捉え方をするためのデータの見方、考え方を1章ずつに分けて説明しています。読み物的な書籍ではありますが、事実の捉え方はビジネスの世界など様々な場面で役に立つものだと思います。10の落とし穴とその解説、参考情報を簡単にまとめました。

分断本能

  • 世界は途上国と先進国に分断されているという誤解がある
  • 実際には近年、途上国の多くは貧困レベルを脱している
  • 途上国の多くは統計上の中間部分に分布していて分断は存在しない

ここで言う貧困レベルは所得レベルを4つのグループに分けた統計情報に基づいています。1965年では先進国の多くがレベル1に属していたが2017年には多くの国がレベル2以上に分布しています。

※参考サイト

www.businessinsider.jp

www.worldbank.org

ネガティブ本能

  • 悪いニュースのほうが目に入りやすく、人にはネガティブな面のほうが記憶に残りやすい本能がある
  • 世界の貧困層の分布、平均寿命など様々な分野の情報を時系列で見ていくと多くの場合は良い方向に変化している
  • 過去の悪い状態を刷り込まれて今もその状態が続いているという錯覚に陥らないようにする

※参考サイト

下記は書籍中でも紹介されている、著者が作った世界の国の所得や平均寿命を知ることができるWebサービスです。

www.gapminder.org

www.globalnote.jp

直線本能

  • 統計数値は直線に伸び続けるとは限らず、そうでないケースのほうが多い
  • 世界の人口増加は2100年ごろまでは続くがその後は横ばいになると推測されている

※参考情報

ja.wikipedia.org

恐怖本能

  • 我々は「身体的な危害」「拘束」「毒」に関する恐怖を持っている
  • 災害や紛争で亡くなる人の数は減っている
  • リスクを正しく把握して行動することが求められる

※参考情報

honkawa2.sakura.ne.jp

過大視本能

  • ただひとつの数字が、とても重要であるかのように勘違いしてしまう
  • 80:20ルール:全体の8割を占める項目を特定して対処する
  • 2040年ごろには世界の所得レベル4の人口は西洋諸国よりその他の国の割合が多くなる
    • 西洋諸国の価値観が重要でなくなる

※参考情報

80:20ルールはパレートの法則とも呼ばれます。

ja.wikipedia.org

パターン化本能

  • ひとつの集団のパターンがすべてに当てはまるとは限らない
  • 分類を疑ってみることが重要
    • 同じ集団の中にある違いを探す
    • 違う集団のあいだの共通項を探す
    • 違う集団のあいだの違いも探す

宿命本能

  • 特定の宗教が大家族が多いなどは、正しくデータを読み取ればただの思い込みであることがわかる
  • 人や国、宗教、文化などを不変のものと捉えてしまうが、実際はゆっくり少しずつ変化している

※参考情報

www.ted.com

純化本能

  • ひとつの視点だけでは世界を理解できない
    • ひとつの道具がすべてに使えるわけではない
    • 数字は大切だが、数字だけに頼ってはいけない
  • キューバの例
    • 政治家の視点:貧乏な国の中でいちばん健康
    • 国民の視点:健康な人の中でいちばん貧乏
  • アメリカの例
    • 同じ所得水準の国々と比べて医療費が高く平均寿命が短い

※参考情報

www.huffingtonpost.jp

犯人探し本能

  • 誰かを責めるみせしめとしてデータを使ってはいけない
  • 犯人ではなく、原因を探す
  • 二酸化炭素排出量
    • インドや中国が問題視されるが実際は所得レベル4がこれまで排出してきた量のほうが多い

焦り本能

  • 小さな一歩を重ねる
    • データにこだわる→緊急で重要なことならなおさら、データを見るべき
    • 大胆な対策は副作用を考える、たいていは地道な一歩に効果がある

参考サイト

以下をあわせて読むと書籍の理解が深まります。

jbpress.ismedia.jp

note.com

jp.chibicode.com

【勉強会メモ】関西PHP勉強会

phpkansai.connpass.com

  • 日時:2020/05/16(土) 15:00 〜 16:00
  • 場所:オンライン

会社の後輩が実行委員をしていると聞いてオンラインで冷やかしてきたのでメモを残しておきます。

PhpStorm中級入門

Y-Kanohさん

speakerdeck.com

PhpStormの初心者を脱出しよう

Q1. PhpStorm使っている

-使っている人が多数

Q2. PhpSormからSQLを発行している

  • 他のツールを使っている人が多数
  • PhpStormにデータベースツールがある
  • エクセル出力機能など
  • 最新版で同時に複数のSQLの実行結果を見れる機能が追加

※参考

pleiades.io

Q3. PhpStormからDockerを操作している

  • Dockerを操作できることを知らなかった人が多数
  • コンテナ立ち上げる
  • portの確認
  • ファイルの一覧が見れる

※参考

pleiades.io

Q4. PhpStormからタスクを切換えしている

  • 知らない人が多数

  • タスク管理

  • GitHubなどと連携
  • Issueやチケットと紐付けできる

※参考

pleiades.io

DockerでApache+PHP+MySQLの環境構築

SAWさん

speakerdeck.com

モチベーション

  • ローカル環境汚さず環境を整えたい
    • Docker利用
  • MySQLのコンテナに別コンテナ上のPHPプログラムから接続したい

Dockerコンテナの構成

Dockerネットワークの作成

  • docker network create ネットワーク名
  • docker network ls でネットワークの一覧を確認

コンテナ作成

  • docker run--network オプションをつける

PDOドライバのインストール

  • デフォルトではMySQLのPDOドライバが未インストール
  • コンテナに入り docker-php-ext-install

接続設定の変更

  • PDOのコンストラクタ第1引数を修正
  • host=MySQLのコンテナを指定

⇒環境構築完了

コンテナ作成済の場合は?

  • 作成済のコンテナを接続
    • docker network connect ネットワーク名 コンテナ名
  • IPアドレスを指定
    • Dockerネットワークを利用せずにlocalhostに割り当てられたポートから接続
    • My SQLコンテナのIPアドレス確認
      • docker ps でコンテナID確認
      • コンテナの /etc/hosts を確認
      • PDOのコンストラクタを修正

LaravelでDB操作を監視する

ippeisumidaさん

speakerdeck.com

お客さんから言われることがある

何もしてないのに壊れた

→誰が何をしたのか監視したい

Laravel Auditing

www.laravel-auditing.com

  • DB操作の監視
  • だれが、いつ、どこで、なにをしたか
  • 更新の差分(なにをどう変えたか)

インストール、設定

  • composer require owen-it/laravel-auditing
  • config/app.php ※発表資料参照

→監視スタート

  • データが登録される
  • プログラムで監視データを取得できる

CakePHPのバージョンアップ戦略

seike460さん

speakerdeck.com

バージョンアッププロジェクト

  • 初めて関わった受託プロジェクト
  • Unitテストは新機能のみ
  • PHP,PostgreSQL,CakePHPのバージョンアップ

課題

  • 手動テストでカバーできるがつらい
  • 膨大かつ単純作業
  • テストのスコープを絞る
  • 機械的な作業に落とし込む

テストスコープ

  • テストピラミッド
    • UI
    • Service
    • Unit
  • 上に行くほどテストの再現度は高い
  • 実行時間が長い
  • 保守、デバッグの労力増大
  • →今回はServiceの部分を充実を選択
    • 広範囲のカバレッジを効率よくカバー
    • UIはテスト部隊に手動テストを依頼
    • カバレッジや優先順位に応じてUnitテストも増やす

非推奨を洗い出す

  • scrutinizer の利用
  • 静的解析を自動的に行なってくれるサービス
  • Duplicationを減らしていく
  • 手作業だと効率悪いのでsedコマンドで置換

scrutinizer-ci.com

PHP8 Attributesを語ろう

tadsan さん

tadsan.fanbox.cc

  • 今すぐ何かが変わることはない
  • PHP8に対応しないと使えない
  • 12月にPHP8.0が出る
  • 7月に確定

Attributesv2

※参考 https://wiki.php.net/rfc/typed_properties_v2

  • RFCは受理されたが実装はマージできていない

Attribute 属性

  • 関数やクラスの上にコメントを書いて@ベースの擬似言語が提案されてきた
  • 実行時に影響することもあるししないこともある特殊なやつ
  • 各プロジェクトが雰囲気で定義している
  • 厳密な定義はない
  • <<>> で書く
    • @: は提案されたが不採用
  • 関数呼び出し風構文と静的な式
  • コメントと同じで実行に影響することはない
  • アノテートと呼ばれていたものはAttributeで使える

誰のためのアトリビュート

【勉強会メモ】第0回 PM Meetup by pmconf 〜リモートワーク時代のプロダクトマネジメント〜

pmconfjp.doorkeeper.jp

  • 日時:2020-04-27(月)19:00 - 20:30
  • オンライン

バーチャルSNS cluster を使ったオンライン勉強会に初めて参加してみました。

cluster.mu

自分のアバターをバーチャル空間で動かしてオンラインなのにその場で発表を聞いているような感覚で閲覧できたり、拍手とか様々なリアクションができたりという点はとても面白いスタイルだと思います。バーチャル空間なので他の参加者のアバターが普通に視界を遮って見えなかったりするのはオンラインなのに不自由という、若干めんどくささはありました。あと、Mac Book Proのリソース的に厳しいのか、ずっとCPUが唸っていまいした。

事前アンケート簡易まとめ

今回のテーマに関して参加者に事前アンケートがあり、その結果が発表されました。詳細は運営のかたから発表されるのかもしれませんが、ざっくりメモした内容をまとめておきます。

  • PdMに従事している:約7割
  • リモートワークをしている:9割以上
  • 開発チームでリモートワークしている:9割弱
  • 開発チームの生産性は変わらない:5割弱
  • リモートワークによってPdMが変わった/特に変わらない:それぞれ3割強
  • プロダクトの開発ロードマップを変更または変更を検討:5割以上
  • マーケティング計画・営業計画を変更または変更を検討:5割以上
  • プロダクトのKPIは変わらない:約3割
  • 生活様式が変化した:9割以上
  • この状況が半年ぐらい続く:3割強
  • 不可逆な変化をもたらす(大きく変化):6割以上

リモートワーク時代のプロダクトマネジメントKPT

参加者全員から意見収集しました。以下は主なもの。

※時間の関係でPとTのみ

Problem

  • 雑談や雰囲気での状況把握が難しい
  • ブレスト、深いディスカッションのしにくさ

雑談や雰囲気での状況把握が難しいことに関するTry

  • アイスブレイク、ミーティングの前後5分を雑談にする
  • リモートお茶会、ランチ、飲み会(温泉とかもあった)
  • 絵文字を多めに使う
  • 常時オンライン、雑談ルーム設置、1on1などの機会強化

ブレスト、深いディスカッションのしにくさのTry

みんな試行錯誤してるな、という印象。私のチームでも朝夕のチェックイン・チェックアウトを厚めにやっていたり、ニコニコカレンダーでその日の気分を聞いたり、常時Zoom接続したりなどいろいろ試しているところです。ツールの活用はどれか1つが票を集めているというわけではなかったので、どれが一番ということはなくチームの置かれている環境などに合わせて使いこなしていくしかないのだろうと思います。